ITの現代の流行技術とは!?

シズル感も再現!飲食店でのデジタルサイネージ

デジタルサイネージは電子看板のことを指します。
最近は街中のビルのファサードを利用してこれが取り付けられたり、駅や空港、公共建築物、銀行やホテル、映画館やアミューズメント施設などにも設置されるようになって来ています。
多くは広告・宣伝を目的に販売促進用のツールとして利用されていますが、地方などでは観光地における案内板の役目を果たすことも多くなって来ています。
電車の宙吊り広告や看板は取り換えや書き換えの手間がかかるものでしたが、デジタルサイネージを利用するとコンテンツの内容は文字や静止画、動画や音声などを使って制作でき、遠隔の地からでも想定されたターゲット層に向けて毎日秒単位でその内容を切り替えて計画的に配信することが可能になって来ています。
従ってタイムリーに変わる不動産会社の物件表示とか飲食店の店頭に設置することで通行する人に多くの情報を見てもらえ人目を惹くことが出来、その広告の効果は大きなものになります。

飲食店飲食店の場合は昼のランチメニューや夕方になってからのビールタイム、あるいは夜にかけての豪華メニューなど時間帯を変えて紹介できますし、その解像度の高さから冬場の鍋物の湯気とか、冷たいコーヒーグラスの水滴など表現できますのでおいしそうだとか、いかにも冷たそうなといった五感に訴えるシズル感も伝えることが出来ます。
それらの画像や映像を見た人たちは思わずそのシズル感に誘われて飲食店に引き込まれると言ったことも行われるようになり、毎日刺激的で飽きない宣伝を行うことが出来ます。
中には指でタッチして顧客とコミュニケーションのとれるデジタルサイネージもあり、季節のメニューを提示することができてタイミングを外さずにスムーズにその流れを誘導することが可能になります。
ファーストフード店やフードコートなどのメニューボードとして、あるいは3面や4面のマルチボードとして使うことも可能となり差別化が図れます。

しかも新メニューを掲示したりシズル感あふれる動的な映像を流すことで訴求力もアップします。
最近は外国人観光客も増加して来ていてこのような人々が飲食店を利用する場合にも多言語メニューにも対応できて飲食店としての差別化が図れます。
動画やアニメーションもコンテンツ内容として流されるために、子供さん連れの家族も含め、飽きの来ない時間を過ごすことができるようになっています。
今後人口減少で店舗においても人材不足が進むことが予想されますが、オートメーション化が進み、メニュー表示と注文から計算までIT化されることが日常化されると見られ今後も需要が見込まれます。